日々の健康と暮らしのメモ

ミメモ

顔のレーザー脱毛に失敗したあなたへ。産毛をとことん薄くする方法

投稿日:

レーザー脱毛に失敗したあなたのための本気の対策

気合いを入れてついに本気でレーザー脱毛に挑戦!が、2回やっても3回やってもいまいち効果を感じられない…。顔のレーザー脱毛の場合、こんな残念な結果になってしまうことって意外とよくあるようです。

レーザー脱毛とはそもそも、皮膚の黒い部分に反応して焼き切るという脱毛方法です。脇や腕などのもともと毛が濃くて太いところには効果を実感しやすいものの、顔やうなじなどの毛が細くてうっすらしている部分にはどうしてもうまく焼ききれない事態が起こりがちなんだとか。

大枚叩いてこれはちょっと勘弁してよ…!と怒り出したくなる気持ちはめちゃくちゃわかります。満足できるまで繰り返し施術を受けることが可能な場合も確かにあります。

でも、ちょっと考えてみてください。

  • レーザーが反応しないくらいもともと毛が目立ちにくかった
  • レーザーを繰り返せば繰り返すほど、肌へは大きなダメージを残す
  • もしかしたら目に見えるダメージを肌に残す可能性だってゼロではない
  • 脱毛サロンの場合、これだけ苦労してもまた数年後には元に戻ることが多い

顔のレーザー脱毛はなかなかリスキーな方法です。繰り返せば繰り返すほど、そのリスクは高まる一方です。しかも、その脱毛が成功する可能性が高まることはありません。

顔のレーザー脱毛に失敗して「さてどうしたものか」とお困りなら、レーザー以外にもリスクが少なくてじっくり確実に産毛を減らして目立ちにくくしていく方法はあります。お肌のためにも、そちらも考えてみてはいかがでしょうか?

そもそも、顔のレーザー脱毛に失敗してしまうのはなぜ?

先に少し触れましたが、レーザー脱毛は皮膚にある「黒い部分」を焼き切って脱毛を可能にする処理方法です。だから、黒い部分はできるだけはっきりくっきりしている方がしっかり焼けるので効果は高まるし、できれば密集せず適度にバラバラになっている方がリスクは少なくて済みます

脇脱毛なんかはまさにレーザーにうってつけなんですよね。脇は毛が太いし密集していると言ってもレーザー脱毛のリスクになるほどであることはそんなにないので。低リスク高満足度な処理が行えます。

一方、顔の場合は脇とは正反対。産毛が目立つと言っても黒々と太い毛がたくさん生えているわけではないし、人によってはわさわさと密集している場合もあります。人によっては黒い毛というよりもキラキラ光に反射するような白っぽい毛の場合もあります。

そんな毛はやはり、レーザー脱毛を成功させるのが難しいのです。

レーザー脱毛に失敗したらもうショックすぎる…

もちろん、脱毛サロンや美容クリニックでもノウハウが蓄積されているので、失敗する可能性も少しずつ減少しているのかもしれません。でも、物理的に黒さが足りず密集しすぎているとやっぱり慎重にならざるを得ない(強すぎたり当てすぎたりすると火傷や炎症の原因になります)。するとなかなか満足するまで効果を実感できないということにつながりやすいのです。

でもそれは、レーザー脱毛するほど気にしなくて良いということ

ただ、レーザー脱毛がうまくいかないお肌だということはつまり、毛はそんなに目立たないし、どちらかというと薄くてつるつるに見えがちということ。

レーザー脱毛をして毛を1本もない状態にしなくたって、処理にちょっと工夫をすればあっという間につるつるの毛や毛穴が目立ちにくいお肌になりやすいはずです。

自分では毛が濃いことや産毛処理の面倒さを感じているかもしれません。でもその程度はおそらく、顔の毛が濃いことに悩んでいる人ほど深刻でもないし、客観的に見たらレーザー脱毛を施術するのがもったいないくらいかもしれません。

自分の肌を「自分でできるちょっとした工夫でなんとかすることができる」という捉え方にぜひ見方を変えてみてください。また違う方法で自分が理想とするレーザー脱毛をした完璧な肌の状態を目指していくことができるはずです。

レーザー脱毛以外にも顔の産毛を薄くする方法はあります

そう。レーザーで永久脱毛をしなくたって、産毛を薄くする方法はあります!

その方法とは、顔の産毛は自己処理+抑毛ローションで対策していく、というもの。

ノイスは女性の産毛を抑えこむ抑毛クリーム

自己処理はできるだけ避けたいからレーザー脱毛をしたいのに…と思われるかもしれません。でも、この抑毛ローションがハマるとすごい効果を発揮してくれます。続ければ続けるほど、自己処理の間隔をどんどん開いていくことができるのです。

  1. 毎日のスキンケアに加えるだけの簡単な方法で
  2. 実は大豆イソフラボンが持つ抑毛機能を活用したクリーム
  3. 毎日塗っているだけで本当に産毛が細く生えにくくなってくる!
  4. しかも、わたし自身は使っているうちに毛穴まで目立ちにくくなった
  5. 美容液のようになっていて、保湿や代謝促進、肌荒れ予防までばっちり

毎日のスキンケアに取り入れるだけという方法なのでもちろん、肌への負担はとても少ないです。レーザー脱毛と比べたらほぼないと言っても過言ではないほど。

使い始めて即、毛がなくなるわけではありません。クリームさえ塗っていれば除毛できるわけでもありません。でも、続けていくうちに確実に毛が育ちにくい環境に変え、少しずつ毛が細く少なくなっていく方法です。

でも抑毛クリームって何?怪しくない?

そうは言っても、抑毛クリームというもの自体に怪しさを感じられやすいのは確か。そんな信頼できないものよりレーザー脱毛の方が…という気持ちになりますよね。

でも、当然抑毛クリームはとてもまともなスキンケアクリームです。大豆イソフラボンが主成分。あとは保湿成分・代謝促進成分などが含まれるものが一般的です。男女問わず、これを塗るだけで本当にムダ毛を減らす対策が可能なのです。

その仕組みもとてもシンプル。

ノイスは大豆の毛を抑え込む効果を利用したクリーム

毛穴の中には毛の発育を促進している場所があります。その場所の表面をおおって、栄養が届きにくく毛が育ちにくい環境を整える働きがあるのが大豆イソフラボン。抑毛クリームはそんなイソフラボンを毎日スキンケアとして補給し続けることが可能になるので、本当にムダ毛が減っていく、というものです。

ただ豆乳ローションをを使えば良いのかというとそうではなく、ある程度高い濃度が必要です。さらに、代謝を促進して毛の循環スピードを速める働きが期待できる酵素も含まれているのがより抑毛の効率を高めるポイントになっています。

結果、カミソリもレーザーも使わなくても、クリームを塗っているだけで産毛がどんどん目立ちにくく脱毛を成功させたような状態になる、というわけです。

レーザー脱毛に失敗した、心配があるなら試す価値アリです

CMなどもよく見かけるようになり、レーザー脱毛もかなり身近になりましたよね。一昔前だと一部の人しかしなかったものだったのに、今ではかなりの人がレーザー脱毛体験済みだったりします。

でも、顔のレーザー脱毛はまだまだ難易度が高いです。少なからずトラブルにつながって後悔した…という経験をしたことがある方も多いものです(シミが増えたり跡が残ったり乾燥がひどくなったり…)。

それでも満足できず心配した、という方やそんなリスクが心配、という方なら、ぜひ抑毛クリームを使ってみてください。

  • スキンケアに取り入れるだけで毛が育ちにくい肌になる
  • 続けているうちに本当に自己処理がいらないくらい産毛が減る
  • イソフラボンが主成分なので、リスクもかなり少ない
  • 同時に美容成分も補給できて毛穴レス美肌にもつながる

はじめこそ自己処理が必要ですが、1ヶ月くらい続けていくうちに本当にカミソリでの処理もほとんど不要になるはずです。肌へ負担ほとんどかけずに脱毛したかのようなツルツル肌も確実に目指していけますよ。

ただ今おすすめの記事

1

うなじが毛深くて困っている…。うなじの処理ってどうしたら良いかわからない…。うなじの処理って確かにとても難しいのです。よくある処理方法と、ベストなうなじの産毛・ムダ毛の処理方法を真剣に考えてみました。

2

最近なぜか鼻の下のくすみが気になるようになった。でも、ネットでよくあげられる原因である色素沈着やそんな大げさなものではない気がする…。観察しながら抑毛クリームを使ってみたら、偶然にもくすみが解消できた話をまとめました。

3

インナードライ肌は肌質ではありません!原因は自分自身の習慣によるところがとても大きいです。しかもインナードライ肌ってただテカるだけじゃなくて様々なトラブルを抱えていることが多いもの。元インナードライ肌だからこそわかる、インナードライ肌の本当の原因、困るところ、根本的に解決するための対策をまとめました。

4

敏感肌にやさしいセラミドケアができるスキンケアだというキュレル。実は入っているのはセラミドではなく疑似セラミドです。乾燥性敏感肌は改善することができるのにそれでは本当にもったいないです!キュレルが合わない理由、入っている成分など、理解しておくと役立つポイントをまとめました。

-美肌を目指す
-

Copyright© ミメモ , 2018 AllRights Reserved.