日々の健康と暮らしのメモ

ミメモ

うなじの毛が気になったので、脱毛することはできるか調べてみた

投稿日:2017年5月31日 更新日:

うなじの脱毛って実際どうなの?

うなじの産毛を処理したい!でも、不自然に見えるのは嫌だし、できれば確実に処理できる方法でやりたい。もう一生気にしなくても良いような!そんな願望をお持ちの方ならきっと1度は考えてみたことがあるでしょう。

うなじの脱毛。

レーザー脱毛が良いのか、サロンの脱毛でも良いのか、そもそもうなじは脱毛できるのか。脇や腕の脱毛ついでにやってしまおうか、うなじだけがどうしても気になるからちょっと頑張ってやってしまおうか。もやもやと考えている方ならきっと気になる、うなじの脱毛にまつわる本音と現実を真剣にまとめてみました。

わたしも毛深さで長年悩み続けてきたので…。勢いや甘い話に惑わされず、現実をしっかり知った上で後悔のない選択ができるよう、お手伝いできたらなあと思っています。

うなじの脱毛、体験談をかき集めてみた

そもそも、うなじは脱毛できるのか?もちろんできます。

脱毛サロンやクリニックではうなじという名前ではなく、「襟足」という名前で施術してもらえます。全身脱毛プランの中に組み込まれていることも多く、比較的ポピュラーな脱毛パーツです。

施術経験者ももちろんたくさんいて、ネットを探してみるとすでに多くの体験談があげられています。

  • 髪型をアップにできなかったのにできるようになって本当に嬉しい
  • ついにショートスタイルに挑戦することができた
  • サロンなら痛みもないしすぐ終わる印象
  • チクッと細い針でつつかれるような痛みは確かにある
  • 襟足の形をどんな風にするかをかなり悩んだ
  • 事前の処理ができなくて焦っていたら、サロンでやってもらえた
  • すぐに終わるのと思ったら、意外と何度も通わないといけなかった
  • 焦げた匂いとバチッという音がドキドキした
  • うなじから自然と毛が抜けていくのには感動した

なかなか良い口コミが多いですが…。こういった体験談は良いことを書きたくて書いてあるという側面もあるもの。実際の体験者の中には失敗した!という方も少なからずいると思います。

うなじは産毛なのか後れ毛なのかで脱毛範囲が限られる

というのも、うなじは脱毛パーツの中でもコミュニケーションが取りづらいパーツなので、実際にやってみたら「思っていたのと違う…。もっとこうすれば良かった!」というのが出てきやすいところなのです。

うなじと髪の毛の境目ってどこ?

うなじの理想の形は伝えたものの、髪の毛だと判断されて却下された

襟足、うなじの脱毛でよくある失敗談がこれです。脱毛サロンやクリニックで触ることができる範囲は「ムダ毛」だけ。「髪の毛」は違います。うなじは髪と続いているパーツなので、ここを髪の毛とするかムダ毛とするかは看護師さんやサロンのエステティシャンさん次第となるようです。

そのため、うなじのここまでやってほしい!という希望があったとしても、「ここは髪の毛になるので施術できません」と言われることも多い。だから高いお金を出したのに、結局理想的なうなじにできなかった…という人も多いそうです。

うなじの脱毛回数はなんと、8〜12回!

もう1つよくある失敗談として、うなじをきれいにしようと思っただけなのに、1年以上もかかってしまったという方も多いこと。

うなじの理想的な脱毛回数は8〜12回です。1回施術を受けたらその次に受けられるのはだいたい1ヶ月半〜2ヶ月後。それを8回受けるとなると単純に計算しても16ヶ月かかることになります。

クリニックの脱毛ならもう少し少ない回数で終えることができますが、どちらにしろ1回でさっぱりきれいになるというのは仕組み上ありえないこと。長期的な対策になることを考慮しておいた方が良さそうです。

いざ、うなじがツルッツルになるとそれはそれで違和感が…

うなじがなんとかツルツルになった!と喜んだのもつかの間。実際にツルツルになったうなじを見ると意外と違和感が大きかったという声もたくさんあります。毛が1本も見えないのが不自然に見えるのだそうです。髪の生え際とスッパリ差ができてしまうのが大きな理由でしょう。

うなじを脱毛したらその違和感から結局全身脱毛を考えるようになってしまったという声もあり。「うなじだけ」毛がない状態に違和感を感じたということのようですが…。脇や腕のように気軽に脱毛して大丈夫なパーツではないようです。

うっかり日焼けをしてしまって、うなじが施術不可に

うなじは見えない場所なので、普段からよく気をつけておかないと知らない間に日焼けしていた!となりやすい場所です。

でも、脱毛を受けるのなら日焼けはとにかく厳禁!少しでも日焼けしている箇所は施術してもらえません。そんなうっかり日焼けのせいで、うなじの脱毛を受けたかったのにできなかった…という声も確かに多いです。脱毛を考えているなら1年中日焼け対策をしっかり行っておく必要があります。

うなじ脱毛は火傷などのトラブルのリスクがある

うなじの脱毛のリスクといえば、他のパーツに比べたら少し火傷やトラブルのリスクが大きいことでしょう。

これは顔の脱毛にも言えることですが、首や顔の皮膚は他の体のパーツよりも少し皮膚が薄く、ちょっとした刺激でも影響を受けやすいという一面があります。しかも、レーザー脱毛というのはそもそも、毛の黒い部分を焼き切るという仕組みになっているので、毛の量が多い場合や1本1本の毛が太い毛にはレーザーが過剰反応して火傷を起こすリスクもあるんだとか。

実際に火傷やトラブルを起こさないように細心の注意を払ってもらえるのですが、だからこそ「髪の生え際ギリギリまで脱毛したい!」という要望や「自分の希望に沿ううなじの形にしてほしい!」という要望が却下される可能性が高まってしまうというジレンマになりやすいというわけです。

髪の毛なのか産毛なのかは個人差がとても大きく、よほどの経験がないと見分けるのがとても難しいんだとか。そのため、できるだけリスクを軽減するためにサロンやクリニックがより安全な方を取るのは仕方がないことではあると思います。

うなじの脱毛はどれくらいの費用がかかる?

うなじの脱毛って難しい…

ちなみに、うなじの脱毛でかかる費用の目安としてはこのくらいです。

  • 脱毛サロン:3,000円〜18,000円程度
  • 医療脱毛クリニック:15,000円〜30,000円程度

脱毛サロンはキャンペーンをうまく利用すればかなり安く脱毛できそうな印象ですが、回数も多くて実は脱毛サロンの場合は永久脱毛ではないので数年後には元通りになってしまう可能性もあります。

一方医療脱毛のクリニックは少し値は貼るものの確実に脱毛できるのは確かです。ただ、脱毛サロンよりも刺激が強いし看護師さんがしっかり丁寧に施術してくれるおかげで、髪の生え際ギリギリまで脱毛してもらいたいと思ってもそのお願いが却下される可能性が高いという一面もあるのがデメリット。

出力パワーは脱毛サロンの方が低いので、リスクは脱毛サロンの方が低いです。だからこそモチも悪いと言えますが…。毛深ければ毛深いほど脱毛のリスクが高まるので、心配な方はとりあえず脱毛サロンの方が安心…?とも感じます。

実はうなじはムダ毛を薄くするだけで気にならなくなることが多い

いざ脱毛しよう!と思っても、考えなくてはいけないことがたくさんあって、わたしはついつい先延ばしにしてしまったわけですが…^^; だからといってうなじでボーボーになっている毛を放置するわけにはいかないので、別の対策を考えることにしました。

そこで真剣に考えてみたことはこの3つ

  1. うなじはツルツルにならなくたって美しく見える
  2. だからといって自己処理はいろんな意味で危ない!
  3. でも、自分のやり方である程度毛を抑え込むことはできるのでは…???

不自然じゃなく、パッと見て美しいうなじを目指してみることにしたのです。

うなじの毛を抑え込むことは、できる…!

人の産毛が濃くなる理由は大きく分けてこの2つです。

  • 遺伝によるもの(もともと毛深い体質)
  • ホルモンバランスによるもの(男性ホルモン優位だと毛が増える)

体質的な問題はどうしようもありませんが、実は大きく影響しているのは後発的な理由であるホルモンバランスによるところが大きいそうです。

つまり、ホルモンバランスを整える生活を心がけていれば、ムダ毛の量や成長速度は変えられるということ。

  • できるだけ上手にストレスを解消できる生活を心がけて
  • 規則正しい生活習慣とバランスの取れた食生活を心がけて
  • 女性ホルモンを元気にできる食材を意識的に摂るようにして
  • 毎日の丁寧なスキンケアで、気持ち的にも女子力をさらにアップさせて

ということを意識して行っているだけでも、実はうなじなど体の産毛の成長速度は変えることができるのです。

そんなこと言っても、結局理論上の話でしょう?思われるかもしれませんが…。実はわたしが最近ついにこれに成功したかも!と感じています。意識的に半年くらいこの生活を続けてみたところ、以前よりもムダ毛の処理回数が減って産毛もそんなに気にならなくなってきました

ほんのちょっとした心がけではありますが、実際に変化を感じると意外と効果は大きいんじゃないかと思っています。

ついでに口周りの産毛用クリーム、NOISEが使える

あと1つ頼もしいアイテムとして、口周りの産毛対策クリームであるNOISEというクリームも使ってみると便利です。

女性用スキンケアクリーム noisu<ノイス>

ノイスはうなじの毛の脱毛にも便利!

このクリームは、産毛の成長を抑える成分を贅沢に与えながら、美しい肌も目指していこう!というクリームです。

  • 大豆イソフラボンと黒ダイズエキス、進化版イソフラボンのエクオールが女性ホルモンを助ける
  • 肌のストレスを追い出そうとするパパイン酵素も配合
  • さらに高めるためにザクロ果皮エキスとプエラリアミリフィカも追加
  • 脱毛サロンも注目の成分であるフェリニーブでも働きかけ
  • さらに毛穴を引き締めるために植物成分もしっかりブレンド

と、他ではなかなか見かけないムダ毛を抑え込むことをしっかり考えられた独自のバランスがポイントです。

さらに、美肌を目指していくのに欠かせない成分である、トリプルヒアルロン酸とビタミンC誘導体、コラーゲンやアロエベラエキスも配合。毎日のスキンケアとしても十分なクリームになっています。

敏感肌でも使える低刺激だから安心

もともとは口の周りの産毛対策に作られたというだけあって、肌への優しさもしっかり考えられています。

  • 香料や着色料、アルコールや金属など7つの無添加
  • 100名へのパッチテストを行った実績もあり
  • 厳しい基準で製造管理ができる国内製造

という安全性も助かるところです。

もちろん、うなじに使っても問題なし。敏感な肌にも使いやすいからこそ、気になるところにはどんどん使うようにしていくと悩みも減っていきそうです。

満足度98.5%以上!2ヶ月以内に70%以上の人がムダ毛処理減少

このNOISEが頼もしいのは、満足度が98%以上もあること。2ヶ月以内に70%以上の人が無駄毛の処理回数が減ったと感じているそうです。

ノイスは満足度が高いから頼もしい

特にうなじの場合、自分で処理すると失敗したり怪我をしたりトラブルになりやすいものです。でも、このクリームを上手に活用できれば処理回数自体を減らしていけそうなので、そんなトラブルを起こす可能性自体を減らしていけます。

個人的には最初は美容院などでうなじの処理をしてもらってキレイにしたあと、このクリームを塗りつつ様子を見ていくというのが良い方法だと思います。クリームがあれば気にする回数も減っていくので、脱毛などの勇気が必要な対策を考えなくても、美容サロンのシェービングサービスを時々使ってみるというだけでも良さそうです。

産毛が濃い、毛穴の開きなどの悩みも解消できるかも

ちなみにこのクリームを上手に活用している人の中には、毛穴が開いていると思っていたところが気にならなくなったという声もあるそうです。

毛穴と産毛、あまり関係がなさそうにも思えますが実はそうではなく、毛穴が目立っていると思っていたところは実は産毛による黒ずみだったということもあるんだとか…。

特に小鼻の際の黒ずみや頬の毛穴は確かに産毛が悪目立ちしていることも多いものです。一緒に対策していくつもりで活用してみたら、思いがけないメリットも得られるかもしれません。

女性用スキンケアクリーム noisu<ノイス>



ただ今おすすめの記事

1

うなじが毛深くて困っている…。うなじの処理ってどうしたら良いかわからない…。うなじの処理って確かにとても難しいのです。よくある処理方法と、ベストなうなじの産毛・ムダ毛の処理方法を真剣に考えてみました。

2

最近なぜか鼻の下のくすみが気になるようになった。でも、ネットでよくあげられる原因である色素沈着やそんな大げさなものではない気がする…。観察しながら抑毛クリームを使ってみたら、偶然にもくすみが解消できた話をまとめました。

3

インナードライ肌は肌質ではありません!原因は自分自身の習慣によるところがとても大きいです。しかもインナードライ肌ってただテカるだけじゃなくて様々なトラブルを抱えていることが多いもの。元インナードライ肌だからこそわかる、インナードライ肌の本当の原因、困るところ、根本的に解決するための対策をまとめました。

4

敏感肌にやさしいセラミドケアができるスキンケアだというキュレル。実は入っているのはセラミドではなく疑似セラミドです。乾燥性敏感肌は改善することができるのにそれでは本当にもったいないです!キュレルが合わない理由、入っている成分など、理解しておくと役立つポイントをまとめました。

-エチケット
-,

Copyright© ミメモ , 2018 AllRights Reserved.