日々の健康と暮らしのメモ

ミメモ

うなじが毛深い…。うなじのムダ毛処理の正解を探してみた

投稿日:2017年5月30日 更新日:

うなじのムダ毛、どうするか問題

こんにちは、小さな頃から毛深くて、ゲジゲジ眉毛に大いに悩まされたことがあるboniです。細眉全盛期だったので、どこまで眉を抜けば細くなるのか、途方に暮れた経験があります。

そんな毛深いあるあるさておき。今回は普段はなかなか意識しないけれど1度気がついたら気になって仕方がなくなる、うなじについての話です。

うなじってどう処理すれば良いのか、考えてみるといまいちよくわからないんですよね。全部剃っても良いもの?どうやって剃れば良い?うなじの産毛と髪の毛の境目って?そもそもうなじの正しいムダ毛処理の仕方は?よくわからないことだらけ。

しかも、自分の目で直接見ることができないので、実際にどうなっているかを確認するのも難しいし…。人から指摘されてはじめて自分のうなじの濃さに気づいて、カーっと顔が熱くなる経験をしたことがある、なんて方も少なくないんじゃないでしょうか。(それはそれはもう、凹みますよね、本当に)

今回はそんな、恥ずかしいけど難しいうなじをどうしたら良いのか問題を真剣に考えてみました。

密かに悩む、うなじの毛が濃すぎる問題…

うなじの毛って見る人が見ると目立つ

生まれつき、体毛なんて見えないくらいサラッとして透明感のある肌の持ち主なら、こんなこと悩まなくても良いものですが、顔の産毛や腕毛、足毛、とにかく毛の濃さに悩むのは珍しい話でもおかしな話でもありません。
(でもなぜか笑われる対象にされるから腹立たしいんですが)

その中でもうなじの毛が濃いというのは、女性にとって深刻な話になりやすい問題です。その理由は、やはりうなじというパーツはより親密な人や親密になりたい人から気にされることが多いからでしょう。

ちょっと仲良くなってきつつあった男性に見られたうなじが、実はムダ毛がボーボーで幻滅された…。職場や学校でまだそんなに仲良くないタイミングでうなじを見られて女性同士で笑われた…。なんてことになってしまいがちなのです。

正直なところ、人の知らないところで自分の目では見えないから自分で気づきにくいし、知らないところで指摘されることが多いから、うなじの悩みは深刻になりやすいんですよね。

ほかの人はうなじのムダ毛処理ってどうしているの?

そんなうなじの問題。悩んでいる人は思っているより多いです。

人のお悩みが集まっているyahoo知恵袋にも、うなじの毛に悩む人の書き込みは本当にたくさん集まっています。

  • うなじの毛を剃りすぎました…どうしたら良い?
  • うなじの毛の処理って自分でできますか?
  • 髪を上げたいのにうなじが気になってアップにできない!
  • うなじの毛が濃くて本当に悩んでいます
  • うなじの毛が濃いと嫌われますか…?

そんなうなじの毛の処理へのアドバイスでよくあるものにはこんなものがありました。

  • うなじの毛は自分で剃りましょう!
  • 美容院へ行く時についでに処理してもらってみては?
  • レーザー脱毛を検討してみたら良いのでは?

アドバイスを送っている多くの人は、うなじの毛もしっかり処理して当たり前!というものが多く…。うなじの毛ってどう処理したら良いの?と悩んでいたわたしとしては正直、「えー…本当に??」と思うものが多かったです。

美容院でついでに処理してもらうという方法が1番マシかも…。それでも、毎週通ったりするわけではないので結局中途半端なのかな。

自分でうなじの産毛を処理するのにも限界がある

というのも、うなじって自分の目で直接見ることができないパーツなので、自分での処理は危険がいっぱいなんですよね。

カミソリではとにかく危険

【カミソリの自己処理方法】

  • うなじの皮を伸ばすように手を添える
  • カミソリの刃を上から下へ動かして剃っていく
  • 剃った後は丁寧に冷却と保湿を行うこと

基本的なやり方はこの通りですが、慣れない手でカミソリでうなじを剃っていくと…。

不要なところまで剃ってしまって、妙なテクノカットのようなうなじになってしまう可能性がとても高い。そうでなくても横滑りして怪我をしたり、カミソリの刃に肌が負けて肌荒れしてしまうこともよくあるんだとか。

そもそも剃られてツルツルになったうなじというのも実はとても違和感があるという声も多い(そんな無茶な…)。

毛抜きで抜くとダメージ、シミの原因にも…

気になる毛だけ毛抜きで丁寧に抜いていくという方法もあります。

【毛抜きでのうなじの産毛方法】

  • 三面鏡などでうなじをよく確認する
  • 気になる毛のできるだけ根元をつかむ
  • 毛の流れに沿ってそっと引き抜く

この方法ならツルツルにもならないし、うなじの形が崩れたりもしにくいし少しずつ処理できるので違和感もあまりなくこっそりケアしていけるかもしれません。

でも、そもそも首は他の皮膚に比べて敏感になりやすい部位。毛抜きで毛を抜くのは肌に負担をかけなさそうに見えて実はかなりの負担をかけるムダ毛処理方法です。もちろん、首にも大きな負担になります。

埋没毛や毛穴の開きなどのトラブルの原因になるばかりではありません。ニキビができやすくなったり肌荒れしやすくなったりすることもあります。しかもそれだけでなく、毛抜きのダメージが蓄積されて、将来のシミの原因になる可能性もとても高いです。

毛抜きでのうなじのムダ毛処理は、今は良くてもおすすめできるものではない処理方法なのです。

うなじの脱毛も実は難しいらしい

じゃあ奥の手はやっぱり脱毛か!と思ったらこれも実はあまり良い方法ではないらしいです。

レーザー脱毛やエステ脱毛では確かにうなじ(襟足)の脱毛をすることも可能です。でも、首は人の皮膚の中でも薄い部類に入るパーツ。そのため、毛があまりにも濃いとやけどなどの肌トラブルが起きる可能性もあるらしく…。

施術してくれる看護師さんやサロンの担当者さんが「産毛(=ここは髪の毛ではない)」と判断できる部分のみを脱毛されることになるようです。すると、「ここもキレイにしてもらいたいのに…」と思う部分も髪の毛と判断されたら脱毛できないことになります。

これで高いお金を払ったのに、思ったよりきれいにならなかった…という脱毛経験者も多いらしいです。人にしてもらうからこそ難しい、というところですよね。

うなじの毛を自然に処理する安全な方法

じゃあうなじの毛を自然に美しくしく処理するにはどうしたら良いの!?というと、おすすめの方法は美容院で処理してもらって、産毛対策クリームを使うことです。

うなじの毛処理におすすめのクリーム、NOISE

産毛の処理は自分で行うのはとてもむずかしいので、できるだけ人にやってもらった方が良いです。それもきちんと経験のある美容師さんに頼るのが1番安心だと思います。

でも、だからといって産毛処理のために美容院に1週間に1回通うわけにはいきません。そんな時のために活用できるのが、産毛を薄くする効果が期待できる成分が入ったクリームです。

NOISUはもともと女性の口周りの産毛対策クリーム

わたし自身、うなじや口の周りの産毛で肌がくすんで見えることにとても悩んでいて、どうやって対策すれば良いのか、なかなか答えが出せず困っていたのですが、このクリームを見つけてやっと納得できました。

この産毛対策クリームというのが、NOISEというクリーム。

まさに女性特有の産毛をなんとかするために考えて作られたクリームで、ムダ毛をケアしながら美肌に導いてくれるというものなのです。

NOISUの公式サイトへ行って実際に試してみる

もともとは口の周りの産毛や髭を対策するためのクリームですが、これをそのままうなじに使っていくことで、じっくりと産毛を対策していくことができるようになっています。

ホルモンバランスを整えると、肌に優しいムダ毛対策ができる

そもそも、うなじの毛を含め、産毛の濃さを左右する原因は主にこの3つです。

  • 遺伝(体質)によるもの
  • ホルモンバランスが崩れていることによるもの
  • ストレスや忙しさで男性化してしまうことによるもの

遺伝による部分はどうしようもないところもありますが、それ以外の部分(主にホルモンバランスをきちんと整えていくこと)を対策するだけでも、産毛の印象はガラリと変わることがあります。

NOISEはそんなホルモンバランスを整えるサポートを肌から行っていくために考えられているクリームです。大豆イソフラボンやザクロ果皮エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、加水分解黒ダイズエキスと女性の美肌に欠かせない成分がしっかり入っています。

さらに、代謝を促して角質を溜め込まないパパイン酵素や脱毛サロンで注目される植物由来の成分であるフェリニーブ、保湿成分であるヒアルロン酸やビタミンC誘導体、ヒナギク花エキスなどがすべすべの肌もサポートします。

肌のストレスをできる限り減らしながら、ムダ毛に働きかけを行っていく。これがNOISEだからこそできる、ムダ毛や産毛対策なのです。

パイナップルローションと比較したらどう?

ムダ毛が生える速度を落とすクリームとして有名なものに、パイナップルローションがあります。わたしも使ってみたことがありますが、こちらは正直、本当に効果があるのかよくわからない…?という印象でした。

それもそのはず。パイナップルローションも女性ホルモンに働きかけるという理屈は同じではあるものの、NOISEほど成分の配合量や配合バランスにこだわられておらず、濃度もなかなか低いようです。結果的に最低でも3ヶ月は使い続けないとよくわからない、となっているようです。

そんなパイナップルローションと比較したら、NOISEはこんな違いがあります。

  1. 独自のメソッドに沿った成分配合バランスで、肌に働きかけ
  2. 1つの成分だけじゃなく、いくつもの成分の組み合わせなので複合的に働きかけが可能に
  3. 美しい肌も目指せるように保湿成分や毛穴の引き締め成分もプラス

実は、パイナップルローションは3本セットで購入すれば1本あたりの価格はかなり安いです。NOISEを割高と感じてしまうかもしれません。でも、ムダ毛や産毛への満足度で考えると結局NOISEの方がきちんと満足できて費用対効果も高いクリームになると思います。

約半分が1ヶ月以内にムダ毛処理をやめたらしいです

NOISEは女性の産毛対策クリーム

NOISEの便利なところは、1ヶ月以内に半分の人がムダ毛処理をやめることができたというほどムダ毛対策としてきちんとしたクリームだということです。なんちゃってじゃない、ちゃんとした産毛対策が期待できるのが助かるところ。その満足度は98%を超えるとのことで、本当にかなり頼れるクリームだと思います。

香料や着色料をはじめ、アルコールやパラペンなども無添加なので、どんな肌質でも使いやすくなっているのも助かるところ。100名のパッチテストも行っているそうで、安心感があります。

電話の勧誘もなし、1回でも注文中止可能、配送料も無料なので気楽に試しやすいのも便利です。

口の周りの産毛対策クリームとはされていますが、わたしはその使い方に限らず、うなじやおでこ、手や足の指先などこまめな処理が難しかったり油断したりしやすいところに使っていくのが良いと思います。

シート脱毛やレーザー脱毛など、大げさな処理方法も確かにありますが…。まずはこんな気楽なところからはじめてみても、意外と満足できるかもしれません。

女性用スキンケアクリーム noisu<ノイス>



ただ今おすすめの記事

1

うなじが毛深くて困っている…。うなじの処理ってどうしたら良いかわからない…。うなじの処理って確かにとても難しいのです。よくある処理方法と、ベストなうなじの産毛・ムダ毛の処理方法を真剣に考えてみました。

2

最近なぜか鼻の下のくすみが気になるようになった。でも、ネットでよくあげられる原因である色素沈着やそんな大げさなものではない気がする…。観察しながら抑毛クリームを使ってみたら、偶然にもくすみが解消できた話をまとめました。

3

インナードライ肌は肌質ではありません!原因は自分自身の習慣によるところがとても大きいです。しかもインナードライ肌ってただテカるだけじゃなくて様々なトラブルを抱えていることが多いもの。元インナードライ肌だからこそわかる、インナードライ肌の本当の原因、困るところ、根本的に解決するための対策をまとめました。

4

敏感肌にやさしいセラミドケアができるスキンケアだというキュレル。実は入っているのはセラミドではなく疑似セラミドです。乾燥性敏感肌は改善することができるのにそれでは本当にもったいないです!キュレルが合わない理由、入っている成分など、理解しておくと役立つポイントをまとめました。

-エチケット
-,

Copyright© ミメモ , 2018 AllRights Reserved.